« 御気張りやす | トップページ | 人生エロエロ »

2010年8月11日 (水)

修行僧への手紙

心眼に僧侶の拝礼が見える。禅宗のこの瞑想分析やってる御坊様のようだが。
どうやら 六道輪廻を抜けて喜んでいるとみえる。

これから先のこと書きます。記者の見間違いで無いとしたら、妙心寺派の、貴僧に対する手紙です。
色貪、無色貪から無明にいたる五上分結を除去することになります。無明が最も難事ですが、抜ければ仏界に入ります。ただし仏ではありませんので 準会員です。
渇愛は無明の別名で抜くには及ばないそうです。
クンダリニーの上昇あるかもしれません。天照大神様によると これは神仏と自由に会話するための装置だそうです。
最後の関門は 釈尊との問答です。貴僧の偈、仏教理解を示してください。口頭試問に合格すれば 晴れて仏です。
通常は ここで終わりのはずですが、ここが実はマラソンなら折り返し点です。
それまでは自分の行だったものが、方向が変わって他者救済になります。自利利他。
どの仏様だったか 後ろを見なさい、ここにいる数多の仏のほとんどは自分の行だけで終わってる。お前はそれではいけないと言われたものです。

これ以降は祈れば験があります。それだけの資格ができたので神仏眷属に聞き入れてもらえますので。
ここで注意書き。
既存の教団から見て、貴僧は邪魔ものなので呪詛かけられるかもしれない。来たら呪詛返しをしてください。行者も注文主もともに。正当防衛をためらう理由は無い。
 貴僧への依頼に応じて祈祷することになるが、依頼者の申し立てが真実であれば、神仏の御心に適うのであれば、かなえてくださいと条件をつけてください。
神仏は無理な願いをされても困るのです。また人間の知恵は狭く浅いもの、すべてをゆだねる位の信心が欲しい。
 出来上がったからもう何をしても良い、ということはありません。人の道仏道を踏み外してはいけません。遊びで殺生は不可。
欲で行をしてはいけないというが、更に人に見せる行はしてはなりません。

貴僧のことだから ここまでのすべてに目を通したでしょうが、記者も説明を聞いて驚くこと多数でした。
釈尊の成仏法、苦行中心のそれは 釈尊を直接に知るものが居なくなって失伝した。釈尊の高弟たちは心砕いたが 弟子たちの出来が悪かった。以後仏教教団からは仏陀は出なくなった。文書化された時にはもう無かった。ダイバダッタ教団のほうに伝承されていて 成仏者も出た。ダイバダッタ教団の論書は教団滅亡後 仏教教団の論書になった。以後 成仏者は偶然のように出てくるだけになった。
 仏教の教義の多くは 釈迦直伝だけでなく後世の教義学者の論が紛れている。釈尊は内容が優れていれば 直説と同じに扱って良いと仰せ。

成仏法には いま判っているところでは大別して三種ある。いずれもまず因縁解脱、煩悩除去を念じたうえで行ずる。
苦行中心、この場合は通常の瞑想程度を平行して行ずる。釈尊がなさった。
瞑想中心、このブログの瞑想分析がその一つ。これも同時に苦行を行ずるのが良い。明恵上人がなさった。禅宗の瞑想のように的を定めないのは不可。
読誦中心、真言、経文、祝詞を連読する。弘法大師、出口王仁三郎、他おいでになる。王仁三郎師は 祝詞を一心にあげて六道のうち人間界まで抜けた。
江戸時代 白井享氏は 剣の奥義を得んとして悩んだ挙句に 徳本行者のもとで鉦をたたきながら、読誦を続けたら ある日突然に悟ったという。一流を開きました。
 これらは表層意識、言語による思考分別をおさえて 内界の汚れを浄化するところに眼目がある。心自体にそういう機能があるのでしょう。
心理学には解説はあるが解決はないとは ひどい言い方だけれど、深い心の傷、ゆがみ、コンプレックスを解決する技法を未だ入手していないようだ。

仏教徒のほとんどは 口で何と言おうと、成仏は釈尊在世の時の話で後世特に末法の我々には 不可能なことと諦めてるとおもう。
これは方法の問題なのです。何の道具もなしに大木を切るのは無謀だし、玄翁で切り倒すのは愚行に類する。現に技法があるのだから 一心に励む道士には道は開けているはず。

一日も早く、いやそれ以上に偉大なる成道者となられることを祈ります。一切衆生の利益のために。
2010,8,11明月居士。

« 御気張りやす | トップページ | 人生エロエロ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修行僧への手紙:

« 御気張りやす | トップページ | 人生エロエロ »